面接の大まかな流れ

面接の大まかな流れ

就職活動における面接はとても大きなウエイトをしめます。

 

 

それだけに事前の準備は万全にしておきたいものです。
事前にしておくべき事柄といえばやはり、その面接で話すことを想定して考え声をだして練習しておくことです。

 

 

 

実はこの面接にはある程度きまった流れがあるのです。ほとんどの場合、
まず自分の名前をしっかりと名乗ったあと着席します。最初から座っている場合には起立して名乗ります。

 

 

 

そして、自己紹介から話していきます。自己紹介は簡潔に手短に話します。そして次は志望動機にうつります。

 

 

 

当然、これらは履歴書に記載されている内容ですので、矛盾の内容にしっかりと話します。
そして、転職の場合、前職の退職した理由を話すといった流れがもっとも一般的です。

 

 

 

この流れはほとんどの場合一般常識としてみなされている部分がありますので、
もし最初に名前を言い忘れたりすると常識といった面であなたを疑う場合がありますので
いい印象を与えることが出来ないので要注意です。